大人気連載アーカイブ


新虫の眼・魚の眼・鳥の

 物事を見る時には、何も意識をしないと何も見ることができないものです。一次元的な物事の見方だけでなく、異なった見方を持ち合わせることで、多くの氣づきが生まれ、見えなかったことが見えてくるようになります。

 

 その見方のヒントとして、細かいことや接近して拡大して見る眼として「虫の眼」。工程の流れや時の流れ、さらには全方向を見る眼として「魚の眼」。全体像、また第三者的な見方として「鳥の眼」と称して、身近にある事例を取り上げて見えなかったことを見えるようなしていくヒントを紹介しています。

 

  ここには、タイトルとサブタ

イトル、そしてキーワードのみの紹介となります。詳細の文章とイラストは、日刊工業新聞社刊 月刊誌「工場管理」に毎月連載されています。ぜひ定期購読の上ご覧ください。

 

       (2018年3月~2019年12月まで連載)


旧虫の眼・魚の眼・鳥の眼

 物事を見る時には、何も意識をしないと何も見ることができないものです。一次元的な物事の見方だけでなく、異なった見方を持ち合わせることで、多くの氣づきが生まれ、見えなかったことが見えてくるようになります。

 

 その見方のヒントとして、細かいことや接近して拡大して見る眼として「虫の眼」。工程の流れや時の流れ、さらには全方向を見る眼として「魚の眼」。全体像、また第三者的な見方として「鳥の眼」と称して、身近にある事例を取り上げて見えなかったことを見えるようなしていくヒントを紹介しています。

 

  ここには、タイトルとサブタ

イトル、そしてキーワードのみの紹介となります。詳細の文章とイラストは、日刊工業新聞社刊 月刊誌「工場管理」に毎月連載されています。ぜひ定期購読の上ご覧ください。

    

    (2013年10月~2017年11月まで連載) 


がんばれ上司!現場改善の応援コラム

   全89話の「がんばれ上司!現場改善の応援コラム!」です。その特徴は以下の通りです。

 

〇このコラム集は、昨今の市場環境の変化が工場内にも大きく及んできている製造現場の上司のための虎の巻です。上司である皆様が、部下に自分の考え方や想いを確実に伝えようとするコミュニケーションが、ますます難しくなってきています。

 

〇企業は人なりともいいますが、職場内での相互のベクトルを一つにまとめなければその機能は果たすことができません。人は納得しないことには、自分で考え自ら考動(考えて行動する)し、自らの価値を向上する行為を取ろうとはしません。これでは競争力が身につかず、市場の変化に対応できません。

 

〇そのために、上司が部下を説得することが重要になってきています。彼らを説得するために背景・狙い・目的などをわかりやすく、しかも優しく納得できるように伝えなければなりません。そのためのヒントが、このコラムに満載してあります。A4サイズで2枚(約2,400文字)にまとめています。全89話で、178ページになります。取り扱った内容は、工場の材料搬入から加工組立を経て完成品の出荷まで、さらに職場の人間関係や改善の着想まで幅広く取り上げています。

 

〇分かりやすくかつ納得しやすくするために、コラムを3つに区分しています。①最初の前段のつかみでは、身近な事例や実例を配置し、さらに2つのイラストでも表現していますので、一目でおよその内容がつかめます。このイラストもすべて松田龍太郎自身が描いていますので、コラムの内容と完全に同期させています。②さらに改善事例や問題解決の事例を紹介しています。③そして最後に、さらに改善するためのヒントやちょっとした教訓も紹介する構成にしています。

 

     (2017年8月~2019年5月まで連載)